カテゴリ:クラフト( 140 )
渓流BIG! 今度は10cmロングミノーだ!
とあるインスタ動画で、175mmのロングミノーを岩魚が狂ったように追う動画を見た❗️
確かに、釣れて暴れる岩魚に猛チェイスする個体も居る。

これは楽しそうって事で、また創作意欲に火がついた!


でも作るなら今の渓流/源流タックルで快適に使いたいって事で、10cmくらいで出来れば4グラムまでに抑えたい。
必然的にフローティングになるだろうから、極力スリムで一度水中に潜ると漂うようなユラリとした動きを目指しましょう!


b0200358_14523941.jpg
ブランクはこんな感じ。
スリム&ウィング理論継承🎶
流石にウェイトの位置はヒミツという事で!


自分用プロトなので、細かい作業は端折ってどんどん進めます。
b0200358_14525222.jpg
組みました!
2度ほどコートして、最終整形の段階で約2.5g
ウェイトは少ないですね。


アルミ貼るか、ネイキッドで行くか迷いましたが、この時点で水に浮かべたらパキッっと浮き過ぎたのでアルミを貼ることに。


b0200358_14530401.jpg
b0200358_14531706.jpg
まあまあ上出来!

デカイほうが、顔は貼りやすい??
目は、もう少し前の方が厳つかったかな???




で、プロトモデルが完成しました❗️
b0200358_20255597.jpg
トータルウェイトは、フックなしでジャスト4グラム🎶
これならバンブーロッドや、グラスのプリンシパルでも快適に投げられる重さ。

動きで釣れるか試したいので、カラーはオーソドックスに。
今シーズン比較的好調なグリーンバック。
蛍光イエローの下地に、クリアーグリーンと蛍光グリーンを混ぜたものでカバー。
透けて黄緑っぽくなってます。

アルミ部は、チタンゴールドを薄っすら吹いてフラッシュ抑え目。
さらに上から「パープルマイカパウダー」を混ぜたクリアでカバーしてます。

b0200358_20261070.jpg
グリーンの下地には、オーガンジーメッシュのシルバーを吹いてます。
クリアーグリーンには、「ゴールドマイカパウダー」をふんだんに混ぜてます!
プロトですが、まあまあ凝りました😅

b0200358_20262394.jpg
リップはトゥイッチングで抵抗少な目の「逃し」のあるタイプ。
もう一枚、一回り大きなリップも付けましたが、抵抗を受け過ぎてダメ❌

これでもイメージより動き過ぎたので、「アイ」を上へ逃がしてユラっとしたロールアクションにチューニング。

動きを競泳で例えるなら・・・
コアンダが短距離自由形で、ウィングスパイカーがバタフライ。
この100mmロングは、「遠泳」1500mって感じか。

ゆっくり息継ぎで顔を上げるようにロールしながらS字を描いて泳ぎます。
トゥイッチでもユラっと横向きます。
「ヒラを打つ」っていう表現ではないんですよね〜。

動画がなくてすみません。
要は、イメージ通りで気に入っているという事です(´∀`*)

こんな長いミノーを源流の岩魚がガブッと咥えた写真が撮れたら・・・
カッコ良過ぎませんか⁉️


さぁ、残り少ない渓流シーズン、楽しみがまた増えましたね〜🎶







[PR]
by Fujimuuu | 2018-08-29 21:00 | クラフト | Comments(4)
モンベル サワートレッカーフェルトソール貼り替え
僕はモンベルのウェーディングシューズを愛用してますが、フェルトがかなりすり減って来ました。

b0200358_08071361.jpg
コレです!
これは釣りのラインではなく、シャワークライミングのラインの製品です。
軽くてフィット感が良く、お気に入り。



b0200358_08072479.jpg
つま先の部分はベースまで減って来てますね(・・;)


b0200358_08073743.jpg
モンベルでは接着剤付きでこのくらいの価格で販売してます。
普段行くモンベルショップには置いているのを見たことないので、あらかじめ取り寄せしました。


b0200358_08074867.jpg
まずカッターナイフとプライヤーなどで古いソールを剥がします。
太いカッターナイフでないと危ないですよ!


b0200358_08183491.jpg
こびり付いたフェルトと接着剤の層を剥がします。
いくつか試しましたが、ランディングネットを削り出す時に使う「手作りドラムサンダー」が一番パワフルに削り飛ばしてくれました。

少し残ってますが、こんなもんで大丈夫でしょうか??
説明書にはベース部を削らないようにと書いてますが、フェルトが残ると心配するなんで、少し削るくらいまで行きました!



b0200358_08082440.jpg
判りにくいですが、型取りします。
これもカッターナイフで切り抜きますが、すぐにキレが悪くなるので2〜3枚刃を使いますね。
ほんの少し余分が残るように大きめにカットするのがコツだそうです。


b0200358_08185777.jpg
スパイクを仕込みました。
真鍮クギです。
クギの頭が見えているのが接着面です。

ステンレスだと硬すぎて乾いた石で滑りそうで、アルミがよかったのですがアルミクギなんて売ってませんでした。
少し柔らかいかも知れませんが、食いつきが良さそうですし硬すぎて失敗する事はないと思いますよ!



b0200358_08191149.jpg
接着です。
説明書通りに、フェルトに接着剤の層を作るために薄く塗ります。
時間を置いてから靴側とフェルト側にたっぷり接着剤を塗ります。

僕は一度履いて体重をかけました。
特に端っこが密着するようにガムテープでグルグル巻きにして、木槌でパンパン叩きます。


b0200358_08192640.jpg
24時間養生します。
ここで誤算・・・(~_~;)

ガムテープの接着剤がフェルトに残りまくり(・・;)
これは歩いて擦り減らすしかなさそうです。

もう一つは、付属の接着剤が黄色くて目立つ😅
でも、余分は切落とすので、まあ良いか。


b0200358_08360989.jpg
はみ出た接着剤と余分なフェルトを切り落とします。
ちょっとだけベースごと切り落としてますね。



b0200358_08362369.jpg
フェルトの端面がケバケバなので、ライターで炙って溶かし固めました。
見栄えも少し綺麗になります。


b0200358_08401597.jpg
完成です!
こんなにフェルトが分厚かったんですね😅
これでまたしばらく快適に釣りが出来そうです。

靴本体の痛みも出て来ますから、このフェルトがすり減ったら靴の買い替えですね。

もう一つのラバーソールもかなり減ってますので、貼り替えか買い替えか悩むところです。






[PR]
by Fujimuuu | 2018-07-21 08:46 | クラフト | Comments(2)
黒柿/bamboo ハンドメイドランディングネット完成!!
黒柿/bamboo ハンドメイドランディングネットが完成しました❗️

b0200358_19435732.jpg
どど〜ん❗️
ちょっとカーブの内寸26.5cmです。

b0200358_19441588.jpg
バンブーの積層は接着剤感を極力排除する精度まで仕上げました。
全体的には楕円のような6面の立体成型。
首の部分はVネック状に削り込んでますので、魚の尾びれが急激に跳ね上がることを抑え、かつ丈の繊維の美しさを引き出しています。
左手でランディングする事を前提に、こちら面のみ尺ポイントを設けてます。

b0200358_19444557.jpg
黒柿のグリップ部分には、北陸の友Mさん特注の岩魚ヘッドを埋め込みました。
マジ、超絶かっけ〜っす。

b0200358_19525764.jpg
フレーム材にも柿を2枚使用。
外張りはマーブルシャム柿。

b0200358_19524655.jpg
内張りは、貴重な神代タモの縮杢。

b0200358_19550624.jpg
シャム柿の間には、硬〜いブラッドウッドをサンドし強度を確保。
ブラッドウッドって、癖つけても縛りを解くとほぼ真っ直ぐまで戻るんですよ(・・;)

b0200358_19571578.jpg
グリップ内側には小指辺りにコブを作って、ホールド性をより確保!
もう、すっぽ抜けませんよ😎

b0200358_19572782.jpg
ついでにリリーサーも作りました。
材の連続性はありませんが、十分じゃないですか⁉️

柔い材なので、木固めに時間をかけました。
マグネットがすっぽ抜けなきゃ良いけどなぁ〜(^_^;)


黒系のフレームなので、合わせるネットは赤系の鮮やか系にしました。
もうちょい紅くてもよかったかな。


さあ、どんな魚で入魂出来るか、楽しみだ〜❗️







[PR]
by Fujimuuu | 2018-06-13 20:07 | クラフト | Comments(0)
新型TLミノー発進!
新型Trout-Laboミノー発進です❗️

b0200358_23380144.jpeg
レギュラーミノー「CE(コアンダエフェクト)」のダウンサイジング版!
TLミノー「ミニコアンダ」です!

小さくファットながら、プリプリ動き過ぎず細かいプルプルアクションはCE譲り。

上の写真はフローティング、2グラム。

b0200358_23381438.jpeg
こちらは、シンキングで2.6グラ±0.1です。

可愛いでしょ〜😍


いとしろルアーフェスティバルでデビューです。
実はインスタで先行オーダーを受けてる分は除きますが(^◇^;)


ウィングスパイカーのダウンサイジング版ミニスパイカー❗️
ハマると最強だったんですが、いかんせん作って上手く泳ぐ確率がイチロー並みの打率で…(・・;)

一旦、製作を打ち切りました。

しかし、あのハマった強さが忘れられず、往生際悪くリメイクしています。
b0200358_23502190.jpeg
写真では微妙ですが、大きくシェイプとバランスを見直しました。

プロトと釣行では、相当な戦闘力🔥

いや〜、ハンドメイド楽しい〜(≧∀≦)





[PR]
by Fujimuuu | 2018-05-23 23:54 | クラフト | Comments(2)
黒柿/bamboo ハンドメイドランディングネット作成中!
黒柿/bamboo ハイブリッド ハンドメイドランディングネット作成中!
久し振りにランディングネットを作ってます♪( ´θ`)


この前、一人でホームリバーへ釣りに行った時、道の駅である物を衝動買い。

b0200358_22295946.jpg
この黒柿の1枚板。
裏側は殆どシラタで黒の年輪にそってヒビもあるけど、取りようによっては良いところが使えそう!

しかも、結構安かった(๑˃̵ᴗ˂̵)

ちょうど花梨のハイブリッドグリップを作ろうと、竹の積層を作りかけてたので急遽黒柿に変更です!


b0200358_22301900.jpg
一番模様が浮き出ている部分を使い、25mm厚だったのを4mmほどシラタをスライス。
竹のパーツも、ここから同じくらいの厚みにスライスします。
全部、ノコギリの手作業なんですよ(大汗)

フレーム材も黒柿を2枚使い、内張には神代タモの縮杢!
黒の間は、堅〜いブラッドウッド(^_^;)

b0200358_22414778.jpg
接着が完了したら、削りとります。
削るの、楽しい〜〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

一応、リリーサーの分と、ストレートのハイブリッド1枚分も残しましたよ。


b0200358_22503234.jpg
b0200358_22504914.jpg
この辺りまで整形できると、木固めが入れられそうですね〜



そして、このフレームに合いそうなネットのカラーは・・・?

b0200358_22584942.jpg
チューリップレッド〜!!

綺麗なカラーで絶対また使いそうなので、3枚分染めてしまいました。


b0200358_23023296.jpg
クレモナが乾いたら、束をバラして編み針へ。
10分くらいで出来ました。
一切絡まらずに出来るようになりましたね〜。

最初はイラついてやってたなぁ(^◇^;)


32目、深さ35cmくらいまで編みましょうかね〜。
乾くとピンクっぽいですが、濡れると先の写真のように鮮やかな「赤」です。
魚が映えそうでうね!

完成したら、またアップしますね(*^ω^*)






[PR]
by Fujimuuu | 2018-05-20 23:12 | クラフト | Comments(0)
みんな来てね! Trout Anglers' Meeting in Fukui 2018
来週末になりました、Trout Anglers' Meeting in Fukui 2018❗️

出展内容が確定して来ました❗️と言うか、なんとか間に合った😅と言うか・・・

b0200358_22115423.jpg
今回よりパッケージを一新しました🎶
ブラウンのフェザーケース(chun35さんに教えてもらいました!)に、シンプルにロゴだけペイント。

これ、転写ではなく、テンプレ自作のゴールド塗装です。
箱の裏面に岩魚スケッチと木製の緩衝材で、ちょっとは付加価値がついて見えるかな
(^^;;

ルアーのカラーバリエーションは現地でのお楽しみで(๑˃̵ᴗ˂̵)

b0200358_22123548.jpg
カッターも数本。
bambooの積層カッターは、なかなかないですよ〜!


b0200358_22182546.jpg
b0200358_22183900.jpg
ランディングネットは2本。
もりろん、bamboo hybrid netですよ〜🎶
とにかく握り心地が良いので触って欲しいですが、本当の自慢は魚の写真映えが良いサイズ感とフレームワークです。

b0200358_22225005.jpg
ルアーは少し追加もできそうです。
追加分は、視認性にこだわったカラーばかりで、実戦向きといったところ。



これは、サンプル。
b0200358_22260414.jpg
自分のネットにヘッドエンブレムを埋め込みました✨

b0200358_22261651.jpg
かっけ〜〜🎶
男前の「Natural regression」さんのブローチヘッドなので、間違いなくカッコ良し男です。

ひょっとすると、数量限定でオプション化出来るか??



とりあえず、福井のイベント用のキリがついたので、プロトに着手🔥
Trout-Laboは、なんせ研究所を自称しているので、新しいことをやらずにはいられないのです。

b0200358_22305371.jpg
これが38mm「ミニ・コアンダエフェクト」❣️
2gチョイのシンキング&フローティング。

塗装やアルミにも若干新しい試みを投入した、まさにプロトタイプ⭐️

早くコーティングして、艶々にしたいっす(๑˃̵ᴗ˂̵)


では皆さま、北陸道・福井北IC下車、竹田川近くの「ちくちくぼんぼん」で行われる『Trout Anglers' Meeting in Fukui 2018』でお逢いしましょう❗️







[PR]
by Fujimuuu | 2018-04-15 22:43 | クラフト | Comments(2)
イベント告知! Trout Anglers' Meeting in Fukui 2018
イベント告知! Trout Anglers' Meeting in Fukui 2018 開催です‼️

フェイスブックページはこちら!

福井県は、永平寺近くの学校跡で、「ちくちくぼんぼん」と言う所で行われます!

体育館を使用しますので雨でも全く大丈夫(╹◡╹)♡

駐車場の心配もないと思いますので、皆さん揃ってお越しくださ〜い!






[PR]
by Fujimuuu | 2018-03-27 20:01 | クラフト | Comments(0)
ハンドメイドルアー作製記! 箸休め① シングルフックを巻こう!
ハンドメイドルアー作製記! の箸休めその1

シングルフックを巻こう!です。

トリプルやエリア用シングル、レベルのシングルなど色々使いましたが、今はコスパも考え自作に収まっています。
僕はイベントなどでもルアーを販売するのですが、僕のルアーもそこそこの値段ですし、選んでくれた方への感謝とすぐ使えるという思いも込めて、フック付で出展しています。

となると、手間がかかっても自分で巻くしか無いんです(^◇^;)
そんで、今回も例に漏れず「ザ・我流」です。
なので、フックを販売されてる方の品質ではありません! 悪しからず…


で、選んでるフックはコレ!!
b0200358_22161459.jpg
ルアーが着水した時に「エビ」にならない程よい短さと懐の深さで絞ると、ヘラやチヌ、グレ、渓流のミミズ用などが候補ですが、係の良さと強度で選ぶと「チヌ」になりました。

「掛かり過ぎチヌ」です。
チヌが掛かり過ぎるのですから、渓流魚なら楽に貫通です。
しかも半スレ! ちょいっとルーターで落とせばすぐにバーブレス!

自家用はバーブレスで使用しています。


ループは、ソルトのアシストフック用PEラインです。
b0200358_22164273.jpg
中の芯を抜いて使うやつです。
少し余る位に切っておきましょう。

b0200358_22170815.jpg
やっぱりバイスがあると良いですね〜
アマゾンで安いの買いましたよ!

b0200358_22273267.jpg
ロッドのスレッドを巻ける人なら、簡単と思います。
先ずは下糸を懐の入るところまで。
行ききったら4回くらい巻き返します。

(後、各工程でチョイチョイ薄めたセルロを浸透させてますよ)

b0200358_22275018.jpg
さっきのアシストラインをヘッドまで巻き込んで行きます。

b0200358_22281302.jpg
爪楊枝を巻いてループを作り、また糸を巻き返して行きます。

b0200358_22442339.jpg
下の巻き始めより短めで巻くのをやめます。
ボビンをぶら下げてテンションをかけたままにして、PEラインをカット!
ちょっと分かりにくいですが、カット面が全体に斜めになるように。

PEラインの断面の部分を隠すように糸を巻きます。
ここで一番最初の下糸を巻く時巻き返した部分が効いてきます。

斜めに懐いっぱい降りて行ったら、ヘッドのループまでもう一度巻いて…
この段階で、PEの白を完全に隠すよう丁寧に巻きましょう。

b0200358_22421746.jpg
ヘッドまで巻いたら4〜5回また巻き返して、輪っかを通して抜けドメをして終わり。
また、最後に薄めたセルロを浸透させてます。

b0200358_22592594.jpg
こんな感じ!

このままでもいいですが、さらに手を加えます。
b0200358_23010972.jpg
UVレジンでコーティングします。
艶出しと、太らせて抵抗を付けるようなイメージ。
これは、魚香竿さんのシングルフック「螺旋」に影響を受けてます。

b0200358_23035289.jpg
出来上がり〜〜!!


ここから、フックの考察。

シングルフックとトリプルフック、どちらが好み?
僕はシングルフックとがお好みで、トリプルに戻ることな無いです。
正直、「返し」も要りません。
ミスってバレてもいいんです。

シングルはトリプルに比べ、フッキング率は3分の1??
b0200358_23141258.jpg
水中で泳いでる時って、多分こんな感じ?!
下を向いてるのはお互い1本。

魚がガブッと丸呑みした時は、フックが一旦全て口の中へ入ります。
魚は口を閉じていて、そこで合わせが入り顎を貫通するとすると…

確かに確立は低いかもですが、3分の1ってことは無さそうです。


魚がかかると??
b0200358_23142882.jpg
アイからスプリットリング、フックの軸、魚がかかっている力点までがジグザグしてませんか?
フックの先端も気持ち外向きな感じ。

口の外に出てるフックが、ルアーのボディに接触すると、掛かっているフックのテンションが抜ける可能性がありそう??


かたやスイミングフックは…
b0200358_23145402.jpg
シングルの方は、フックのカーブの一番深いところが力点のようです。
気持ちフックの先端も内に向くまでカーブしているような。
スプリットリングから力点まで一直線。
当然柔軟性があるのはアシストラインループのスイミングフックに、明らかなアドバンテージがありそうですね!

あと、返りで魚を押さえて無いですから、テンションさえ抜かなければ返りがあってもなくても、効果は変わらないんです。
バレる時は、水から魚を出した時が圧倒的に多いです。
フックばかりに目が行きがちですが、魚を泳がせて寄せる!タックルバランスも重要な要素です。

と言う事で、僕のルアーはスイミングのシングルを採用し、返りもすぐ取れるように半スレを使っています。


いかがでしょう?
でも、僕のフックは自家用で、サービス品の品質(^◇^;)

もっと、細くて丈夫なループに使えるラインがあったら教えて欲しいです!




渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ


[PR]
by Fujimuuu | 2018-02-06 23:42 | クラフト | Comments(6)
第8回 ハンドクラフト展 御礼&ご報告
b0200358_11121720.jpg
第8回 ハンドクラフト展に参加してまいりました!

往復12時間、イベント4時間、打上げ2時間(^◇^;)という弾丸出展ツアーですが、なんとか無事帰宅も出来ました。

まず、主催のトライアングルやまけんさん、soraさん、ならびに関係者各位、ビルダー仲間の皆さま、お越しいただいた全てのお客さま、大変ありがとうございました。

10時過ぎ到着目標だったので、ちゃんと床で寝て出発出来たので少し楽でした。
冒頭の写真は、道中の富士山🗻
もちろん助手席から撮影してますよ!(運転は魚香竿さんでした)


b0200358_11144533.jpg
天気サイコー!
東京、オシャレ!
アウトドアブランドばかりのアウトレットモールです。


b0200358_11150767.jpg
到着するとすでに行列(@_@)


b0200358_11260355.jpg
これで、全景ではないですよ!
写真手前にメーカーブースと右の写ってないところにトライアングルブースと試投エリアがあります。

b0200358_11262704.jpg
先ずは、協同主催のやまけんさんとsoraさんのブース。


すみません、ここからはザ〜ッと行きます。
めちゃ多いので、写真は組合せでブース名も省略で・・・(^◇^;)


b0200358_11294306.jpg
b0200358_11295744.jpg
b0200358_11301135.jpg
b0200358_11302946.jpg
b0200358_11304637.jpg
b0200358_11310312.jpg
b0200358_11311741.jpg
超強烈な面々でしょ!
たぶん、ハンドメイドイベントの最高峰 in JAPAN!と思いますよ🔥

b0200358_11343374.jpg
そして、同行のUoka rodさんです!
試投で留守のときは、私が半分店番なので隣に配置してもらいました。


b0200358_11345256.jpg
そして、私のブース。
ルアーは2/3くらい買っていただき、リリーサーもカッターも完売しました。
超大御所ビルダーさんの行列が消えないのに、早々に私のブースにも来ていただき本当にありがとうございます。

インスタ繋がりの方も多く、話しが弾み楽しかったですね〜!
インスタでビルダーの方も買っていただいたのですが、先に言ってくださいね💦
もし、偉そうな事言っちゃてたら恥ずかしいじゃないですか‼️

お客様が引けたら、あの「鱒moku」先生にネットの編み方レクチャーしたり(嘘!ちょっとコツを伝えただけ^^; 出来上がり待ってますよ!)、よまつべさんとベイトの試投で遊んだり(^_−)−☆

よまつべさんに、キャスティング褒められました!嬉しい!(≧∀≦)
あと、アルミ貼りのコツも教えてもらって、次が楽しみ! (なんせ、心の師匠ですから)

shinichiさんと山の話ししたり、モローさんと源流の話ししたり、ネタは尽きないです。

ここに来ると、僕のブログのリンク先の人ばっかり。
しかも、古くから付き合いしてる人ばっかりなんです。
だから、イベント自体は2回目の参加ですが、本当によくしてもらって旧友の様に話ししてもらって、皆様にホントに感謝です。


えっ?麗’sさんとザンマイさんの写真が無くて大丈夫か???
ご心配なく!
b0200358_11505171.jpg
数少ないお買い物は、恒例のザンマイセルロ!
もう必需品なんです。
「しげる」さんや「イェーガー」さんへの口コミの話しも喜んでもらえました!
だって、良いもんは良いですもん!
本家ザンマイルアーズはもちろん、僕もミノーを見てもらえたら、そして使い込んだミノーを見れもらえたらこのセルロの質の高さが解ると思います。
と言うことは・・・仕上がりをコーティングのせいに出来ないと言うことですね(大汗!)


そして、とうとうゲットの麗’sクラフトミノー🔥
撤収間際に・・・
F「ノリさん、一個ください!できれば渓流/源流で使うヤツ!見えるほうがイイっす!」
N「これが、いんじゃね?!」「動く方がいい?動かす方がいい?」
F「動かす方で」
N「じゃあ、これ!」
こんな感じ🤣
作った人の言う事聞いてりゃ、間違いねっ!


そして、ハンドクラフト展オリジナルTシャツ!
シルパープリントが格好良いっすね!



長いログになりましたが、楽しさ・盛り上がり・凄さが伝わりましたでしょうか?
イベントが重なったり、用事もあって来れなかった方もいらっしゃるでしょうが、是非来年は足をお運びください。
私も精進してまいります。

私のブースのテーブルクロスを見て「お〜ブログと一緒だ〜!」とか、「ハンドメイド始めるにあたって見てたブログが僕のだった〜」言ってもらえて、ちょっと嬉しかったです。
最近、フェイスブックがこまめにアップしやすいですが、ブログの方も更新しなきゃなぁ〜って改めて思いましたね!





ミノーが少しと、ランディングネットが残ってますので、もし興味のある方はこちらでも「Trout-labo」のページでもメッセージくださいませ!




渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

[PR]
by Fujimuuu | 2017-12-05 12:15 | クラフト | Comments(6)
スイムテスト完了! ハンクラ展用ミノー

b0200358_12575210.jpg
ハンドクラフト展まで、後10日ほど。
そこで、スイムテスト行ってきました٩( 'ω' )و

場所は南郷水産センター裏の大戸川。
誤解を招かないために、漁協管轄エリア下部へ。
魚なんて居ないので、マグレ掛かりの心配もなし。
 (瀬田川へ行くと、ゴイニ〜が掛かる可能性アリ)

魚も居ないけど、釣りするヤツも居ない。
すぐ裏に道が走ってて、多分「あんな所、魚居ないのにバッカじゃね〜かなぁ〜」なんて思われてるんだろうなぁ(・_・;

で、テストの結果はバッチリでした!
2個ほど自分用へ(^◇^;)

安定のレギュラー3種は、まさに安定の動き!
ミニスパイカーは、癖あり!

細かいことは、会場でお話ししましょう〜♪( ´▽`)

なので、ハンドクラフト展へ、来てね!


持って行けるミノーのご紹介!
b0200358_12580955.jpg
視認性良好、パールチャート系
手前は台湾アワビです〜

b0200358_12582430.jpg
薄っすらパーマーク残った、婚姻色出てる系ヤマメ❗️
赤目はチョイ重!


b0200358_12583928.jpg
普通のパーマーク系も有りますよ(^_−)−☆

春イベント以降ゆっくり作った、オイカワやクラッシュアルミも持って行きますね!



渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

[PR]
by Fujimuuu | 2017-11-22 13:22 | クラフト | Comments(4)