Bamboo Rod 作成記 Vol.2
進んでますよ!Bamboo Rod(^_^)v

今回は、2回目と3回目のスクールの様子です。

b0200358_22301445.jpg

前回、家で必死になって曲げ直しをした竹です。
竹は、繊維が太くて強いトンキンケーンです。

少し、師匠に修正してもらいましたが、初めてにしては良く出来てるとの事。 
イェア!( ´ ▽ ` )ノ

これを正三角形にします。
b0200358_2232761.jpg

修行しているときはカンナで削ったそうですが、今回はマシンで!

これを束ねて全体に焼き入れします。

束ねるのにも特殊な装置(バインダー)かあります。
竹をくるくる回しながら、ボンレスハムのように糸でぐるぐる巻きにすると・・・

b0200358_22354397.jpg

正三角形を6本で6角柱の棒になります。
6面の断面が綺麗ですね!

これを釜に入れて焼き入れ。 (温度と時間は企業秘密)

この日の半日スクールは早く進んだので、グリップ材の穴あけと竿袋を作りました。


時は変わって3回目。 1日スクールです。

焼き入れをすると、曲がりが復活するので再度修正。
今回は、師匠に修正してもらいながら、僕はテーパーに削り出し。

b0200358_2242488.jpg

簡単に言うと、V溝になってるプレーニングフォームを狙いのテーパーに調整。
バットが広くて、ティップ側が狭い。
はみ出ている部分を、フォームと面一になるまでカンナで切削。
残った竹は設定したV溝のテーパーの形状になる、ということ。


文字で書くのは難しいけど、百聞は一見に如かず。
b0200358_22494918.jpg

手前3本がセカンダリーテーパー(まだ太い)まで削ったもの。


セカンダリーテーパーに削った竹の表皮を真っ平らに削ります。(手前が研磨後)
b0200358_22515760.jpg

エナメル質の表皮を削り落とすと、竹の縦の繊維が綺麗に出ます。(ちょっと判りにくいかな・・・)

竹の表面側の太い繊維が強い繊維。
ここで最初の曲げ取りがいい加減だと、この強い繊維を所々削り落とす事になり、しなやかで強い竿になりませんし、美しくありません。

いよいよ、ファイナルへの削りです。
プレーニングフォームをファイナルテーパーにセットして・・・
ピンピンに研がれたカンナで、少しづつ削り落とす。

b0200358_2258282.jpg

奥がセカンダリー、手前がファイナル後。
僕のミノーを比較対象に。 リップの厚みは0.8mm。
いかに細いかお分かりでしょうか( ̄O ̄;)


このあと、またまた企業秘密の加工があり、接着へ。
接着は手際の良さが命なので、師匠にお任せ。


いや〜、作ってみて初めて分かる、とんでもなく集中力を必要とする作業の連続でした。
でも、さすがルアービルダー、出来栄えも良く作業の進みも早いと褒めていただきました。 (ニヤッ!!)


いよいよ竿の形になってきて、テンションア〜ップ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
あと、半日スクール3回で完成するすですよ!

超〜楽しみ*\(^o^)/*


渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
[PR]
by Fujimuuu | 2016-05-13 23:13 | クラフト | Comments(6)
Commented by chun35 at 2016-05-15 21:46 x
凄い世界ですね!
バンブーロッドの世界を初めて知りました。
職人技と言うか神技から生み出される竿なんですね〜
それを作ってるfujimuuuさんも凄いっす‼︎
Commented by Fujimuuu at 2016-05-15 22:55
chunさん、すごいでしょ!!!
僕は凄くないですけど(汗)

この細い1mmもない三角柱(棒)が6本束ねられて6角の穂先になります。
カーボンを凌ぐ感度とパワー、グラスのしなやかさ、振るとパワーがあるのにカーボンより戻りがゆっくりでグラスより遥かに早く収束します。
自然の素材って、本当に凄いです!

もうじき、ロッド、ルアー、ネット、リリーサーとフルハンドメイドの完成ですp(^_^)q
Commented by ミッキーアイル at 2016-05-16 22:16 x
やっぱり買うとお高いのでしょうか?
Commented by よまつべ at 2016-05-16 22:56 x
む~ 実際見てみたいなあ~
出来上がり楽しみにしてます。もしかしてベイトですか?
Commented by Fujimuuu at 2016-05-17 07:21
ミッキーアイルさん詳しくはリンクのUokarodさんのホームページへ!
当然、作る方が安いですが、作業の進みが悪い方はレッスン代が多くかかるので買っても変わらないこともあるとか(^^;;
僕の場合は、最終的にはちょっと良いカーボンロッドを買う位ですね!
作ってわかりますが10万前後も納得の手間で、ロッドを振れば価値がわかります(^_^)v
Commented by Fujimuuu at 2016-05-17 07:30
よまつべさん、おはようございます!
竹の繊維がシュッと出てきまして、スカッとした6角のロッドになって来ました!
もちろんベイトで、ミノーイング専用のシャキッとした「大山女」というテーパーです。
グリップが面白くて、トリガーが無いのでスピニングと共用出来るんです!
また進んだらアップしますね(^_^)v
<< 新色模索中・・・ プロトミノーのテスト釣行! >>