誰でも出来る!トラウトミノー作成記。 その六
誰でも出来る!そこそこ釣れる(笑)トラウトミノー作成記。


そろそろしつこいので(笑)、これが最終回です。


塗装と、ティッピングが終わったところで、リップを付けます。


b0200358_2391711.jpg

僕は、デザインカッターと小さいノコ刃、2液のエポキシを用意します。



だいたい、アイから5mm、角度45度をベースにアレンジしてます。

b0200358_2391893.jpg

作業中の写真が上手く撮れないので、イメージしてください001.gif

カッターで切れ込みを入れて、ノコ刃で溝を整える感じ。
川でバルサのよまつべさんが、むちゃくちゃ綺麗です。


その溝に2液のエポキシを入れて、ネチャネチャと染みこまして防水を抜かりなく034.gif



b0200358_2391975.jpg

もう少しエポキシを足して、接着。


b0200358_2392098.jpg

まっすぐになってますかな(^^;;


b0200358_2392144.jpg

オフセットは、こんな感じ。

あらかじめ、長穴をリップに開けておきます。


b0200358_2392474.jpg

エポキシは、固まるまでに時間がかかってしまうので、固まる前に垂れてきます。
なので、水平に近い状態で硬化するまで保持しましょう049.gif



b0200358_2392764.jpg

さあ、これで出来上がりです\(^o^)/

あとは、流し台テストや川テストで、アイの位置・角度を調整して納得の動きになれば、お魚がバクッと来るまで投げるのみですo(^▽^)o



b0200358_2392522.jpg

これは、失敗作です042.gif

100個作れば何かが見えると聞きますが、僕も100個位は作ったんでしょうかね~(^^;;

実用機や、贈り物はこの中には無いですからね〜。作ってるかも知れませんね042.gif

というわけで、ハンドメイドミノーを始めてみたいという方に、僕なりの入門書的な連載にしてみました。

渓流の宝石と言われる渓流魚。
警戒心が強く釣るのは難しいと言われる反面、あんなに素直にルアーを追ってくる魚は居ないとも思います。

その美しい渓流魚を、ぜひ自分の作ったルアーで釣り上げてみてください。





渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
[PR]
by fujimuuu | 2012-12-01 23:08 | How to ハンドメイド | Comments(4)
Commented by よまつべ at 2012-12-02 23:25 x
HOWTO お疲れ様でした^-^
写真とか大変ですよね、こういう紹介記事。

毎回楽しみでした。

個人的に、出来たのよか作ってる途中の方が面白い!です。
Commented by fujimuuu at 2012-12-03 07:35
よまつべさん、おはようございます!
一応、一段落(*^o^*)
僕もやり始めの時ネットの情報がすごく役立ったので、これも誰かの参考になればと…
記事的には、やっぱり中身が面白いですね。どこまで出すかも含めて(^^;; その辺りは、また小ネタで!
Commented by sora at 2012-12-03 12:36 x
ついに完成ですね。
この記事でまた、新たなビルダーが誕生しますね~!
Commented by fujimuuu at 2012-12-03 20:54
soraさん、こんばんは〜!
これ見てハンドメイドを楽しんでもらえたらいいですね(^ー^)ノ
スイムテストしましたが、まあまあでした。よかった〜(^。^)
<< 泳がせてみました! 買いました! >>