アワビ仕様 完成編 (追記しました!)
アワビ仕様の完成編です。

前回を「その1」としちゃったので、完成編も作らないとね(^◇^;)

〜〜ここから追記〜〜
なんか、一気に完成させちゃったので、間の一コマ。

b0200358_07074772.jpg
実は、色によって工程を変えてます。
イトウは先に顔を貼って、ヤマメは顔の下地を塗ってからアルミを貼ってます。

もう一つはチュールバック。
こちらはベリー側以外ほぼ完成させてから全てのアルミを貼ってます。

あと、目は先に入れるようにしました。
目を入れてから頭の黒系を最後にひと吹きします。
すると、目蓋がナチュラル〜になります。(これ、教えてもらいました!)

  〜〜ここまで、ちょっと追記しました〜〜

b0200358_20555871.jpg
グリーンバックヤマメはレッドバンドとオレンジベリーで。


b0200358_20585816.jpg
こちらはチャートバック/オレンジベリーとイトウ(薄っすら婚姻色)です。

実は、イトウの黒点がセルロでふやけちゃって淡くなりました(・_・;
イベントのアウトレットか自分用ですね。


イベントも近いのでその他も…

b0200358_21010971.jpg
桜ゴールド

桜吹雪模様の金色アルミホイルを使ってます。


b0200358_21044405.jpg
ドリーバーデン始めました〜🎶

背中の部分は、雰囲気を出すのに何回か塗り直しというか上塗りしました。
実物見た事ないし、見えるルアーにしたかったので。
この程度でご勘弁を!(誰に??)


ドリーバーデンってレディボーデンみたいじゃないですか?
僕、ドリーバーデンって言う時、あのメロディが頭の中で流れます(笑)


ところで私事ですが、長男が高校へ進学することになりまして。
何かいい筆記用具はないかなぁ〜と思って。

Uokarodさんで「来たら作れるよ〜」ってことで、作って来ました。

b0200358_21091006.jpg
超〜いいっす٩( 'ω' )و

材を選ぶところから始まって、どんどん形になって。
イメージ通りに木目も浮かび上がって、我ながら良い仕上がり!

手間を押し付けるつもりはありませんが、「モノ」を大切にする事を身につけてくれたらいいな。



4月23日 九頭龍は勝原で行われる「トラウトアングラーズミーティング」に向けて、モノ作りを頑張って進めますね!



渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

[PR]
# by Fujimuuu | 2017-03-22 21:43 | クラフト | Comments(14)
アワビ仕様 その1
極少数のご期待にお応えして、Trout-Laboふじむ〜風のアワビ貼りミノー作り方です!(マジ、我流ですよ)

とりあえず、ブランクは作っておいてくださいね♪( ´▽`)

ブランクが出来たらアワビを用意。
今回は、日本アワビのカット無し。

b0200358_22102550.jpg
1000番のサンドペーパーで水研ぎしました。

b0200358_22105421.jpg
裏にはマスキングテープを貼ってます。(水研ぎする前に貼ってね!)


それを貝の面をカッターで線をつけます。
b0200358_22120522.jpg
こんな感じ、浅くていいと思います。
ふにゃっと曲げると、ピキピキッと割れます。
手割りは手間がかかりますが、一般的に売ってるカット済みと違い大振りなカットで貝の輝きが違います。

b0200358_22154248.jpg
用意したブランクは4つ。
いつもパールですが、今回はチタンゴールド。
3つはパーマーク入れて見ました。 あと一つは「イトウ」にします。

b0200358_22161703.jpg
もったいないから無駄なく切り分けましょう(^_^;)
(*斜めの線はカットする基準線、30度にしました)

b0200358_22183036.jpg
で、今回のネタの核心が接着剤。
僕はブラシ付きの瞬間接着剤を選択。
木工ボンドで貼るやり方も聞きましたが、僕には合わず・・・

ここからはスピード勝負!
ムラなく塗って、位置決めして、貼り付け!
b0200358_22193958.jpg
ラップで押えて、マスキングテープでミイラ状態に!

b0200358_22243399.jpg
割とすぐ固まるんで、4つ貼ったら尻から剥がせます。

b0200358_22273555.jpg
ところどころ浮いてるんで、接着剤を塗り足して押えましょう。
多少はみ出ても、後で磨くので大胆にいきましょう!


b0200358_22280383.jpg
こんな感じ。
パーマーク無しもうまく貼れてますよ。

瞬間接着剤のいいところは、当たり前ですが接着が早い。
カチカチに固まるので後で磨く時に思い切り磨けます。
両面テープだと磨いてる時に剥がれちゃうんですよね〜(^_^;)
24時間硬化のエポキシだと、若干ですが黄変すると思うんです。

ちなみに僕のミノーの前後のアイの部分の貼り合わせには、2液エポを使ってますから強度は十分ですよ〜♪( ´θ`)ノ

難点は、一発で決めないといけないところと、気泡が抜けきらない場合があることです。なので今の所、下地をパール系の色にしてます。ほぼ目立たないです。


次の行程はコーティング〜磨き〜塗装です。
手間かかるんですが、釣れる「気」がしてならないので、やっぱ欲しいですよね(笑)

皆さん!なんか、いい接着剤があれば教えてくださ〜い!




渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

[PR]
# by Fujimuuu | 2017-03-04 22:48 | クラフト | Comments(8)
ハンドメイドミノーもぼちぼち(^_^;)
冬になるとスキーが多くなるワタクシですが、気づけば1ヶ月近くブログを放置してましたね(^_^;)
でも通勤前など、少しの時間を作ってはミノーもスローに進めておりますよ。

で、今年も開催が決まりましたね!

ぜひ私もお仕事を調整して参加したいと思っています。


目標も決まったところで、目処がついてきたのをいくつか・・・
b0200358_22421616.jpg
ハンドクラフト展で、密かに評判良かったアルミ無しモデル!
木目がはっきりしてたのは、今回2個ですね。

b0200358_22424962.jpg

鮑イトウです。
鮑は手割りで大振りにカット!
貼り付けに両面テープを使うのを止めたので、ギリギリまで磨きました。
なので表面ツルツルでアワビギラギラの自信作です。

b0200358_22404748.jpg
アマゴとハーフアルミのチュールバックです。
チュールバックはフラッシュも良さそうですね!

b0200358_22432344.jpg
鮎は、実は初めてと言っていいくらい作ってませんでした。
アイもそれ用に作りました。可愛いっすね!

でも、唇の白が上手く決まらず、自分用かひょっとするとアウトレットかな(;^_^A


今回、色止めの乾燥が悪かったのか、自分用を多く出してしまいました。

イベントまでにもう1ロット、その他アクセサリーをいくつか間に合わせたいですね!



渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ


[PR]
# by Fujimuuu | 2017-02-15 22:57 | クラフト | Comments(11)
眼鏡考察! 偏光グラスを買って見た!
今回はハンドメネタではなく、偏光グラスです。
視力が悪いと色々不便ですよね。

最近、楽しく読ませていただいている、しげるさんのブログ「釣りという病との闘病記」で度付き偏光グラスのお話が盛り上がっていまして、僕もちょっとネットで検索して買って見ました。


今まではこんな感じでやってました。
b0200358_15183819.jpg
クリップオンですね。
メリットは安い!今の眼鏡が使える、です。
デメリットは、眼鏡のレンズの角度と偏光グラスの角度が合わないので映り込みが発生します。
フィット感は手持ちの眼鏡のままです。

b0200358_15192179.jpg
ランニングなどにはこんなのを使ってます。アディダスです。
釣りにも使ってましたが、これは偏光ではありません。
欠点は鼻当てを組み込むところが弱い。
耳のホールド感もちょっと甘いです。

レンズに直接嵌める構造なんですが、ヒビが入るんです。
エポキシで補強しました。もう取り外すことは出来ません(;^_^A

わたくし、スキーのレッスンをすることがありまして、その時はこの度付きグラスが曇らないので重宝します。

b0200358_15321027.jpg
ちなみに、本気で滑る時はゴーグルの内側にレンズを仕込みます。
東京の「オードビー」というところで作ってもらいました。
僕はスキーの時、ワンデーを使ってましたが異物感に馴染めないのと、ドライアイ気味で密着が悪いのかゴーグルの中で落ちたことがありました。

このインナーレンズのお陰で安心して滑走スピードを上げられますし、吹雪のパウダーでも思い切り斜面に飛び込みことができます。
当然、レッスンのように止まることが多いとすぐに曇ります。


で、今回このような偏光グラスを買いました。
b0200358_15323998.jpg
これもクリップレンズ式の「フィラ」の度付き偏光サングラスです。
アウターレンズが全部で3枚付いてます。
b0200358_15374426.jpg
跳ね上げることも出来ます。
この跳ね上げ機能は、レンズの掃除とアウターレンズ交換のための機能でしょうね。


本日スキーで使いましたが、非常にクリアなレンズでフィット感も良く、もちろんUVカットです。

行きの車内でレンズを比較しながら走ってて、ムムム???
色の薄いレンズを使ってたのですが、これ本当に偏光???
明らかに、偏光っぽいのは色の濃いやつだけだぞ!
(対向車の車内の見え方が全然違うんです)

b0200358_15432070.jpg
帰って見てみて納得!
「POLARIZED」と書いてあるのは1枚だけ(^^;;

しかし、偏光レンズの性能は全く問題なさそうです。
ちょっとだけ鼻当てが硬いけど、フィット感は良く滑っててズレることなんて全く無かったので釣りも全く問題なさそうです。

これなら、ブラウン偏光が釣り、オレンジがスキー(凹凸がよく見えるんですよ)、スモークがランニング!と使い分けが出来そうです。


眼鏡のデータが分かってたら、ネットショップでデータを打ち込めば3日ほどで納品!
僕は、非球面ではありませんが薄型レンズをチョイスし、全て込みで¥8、000でお釣りが出ます。
本当は、このくらい色の薄いので偏光だったら最高だったんだけどね〜。
この値段でレンズ3枚偏光にしろ!なんて、虫が良すぎるかな(笑)


眼鏡でお悩みの方、選択肢に入れてみても良いかもですよ!




渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ


[PR]
# by Fujimuuu | 2017-01-10 16:02 | スキー | Comments(6)
あけまして、ハンドメイド!
b0200358_21593291.jpg
明けましておめでとうございますm(_ _)m
旧年中は、私のこのブログにお付き合い頂きありがとうございました!

本年も、よろしくお願いいたします。


と、いう事で、明けましてもくれましてもハンドメイドしておる訳ですが…
今年は、西日本は寒気につつまれるとか長期予報が出ておりながら、全然雪が降りません。
2シーズン連続で年末休みにスキーに行ってません。
雪が少ないと、水源地のたくわえが心配になりますよね(ー ー;)

お陰でルアーの製作が進むんですがね。

なので、年末年始の近況を٩( 'ω' )و
b0200358_22060855.jpg
ハンドクラフト展で、ほとんど無くなった2つのモデルから。
好評だった「イトウ」カラーを多い目に作ろうかな。

b0200358_22120800.jpg
実はちょい好評だったトラ柄バルサ!
ほんのちょっと残ってたので、またやって見ました。

このアルミ無しミノー、昨シーズン最後の釣行で尺イワナ出てますからね〜。
フラッシュしませんが、動きはいいんですよ。



b0200358_22331530.jpg
こんなん、仕入れました!(ちょい奮発…(^^;; )
さぁ〜、どう料理しようか、妄想が膨らみます!



渓流ルアーのお勧めサイトがいっぱい(^ー^)ノ
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

スキーのお勧めブログはこちらp(^_^)q
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

[PR]
# by Fujimuuu | 2017-01-02 22:43 | クラフト | Comments(6)